ニュースのタネ

調査報道を主体にして新しいジャーナリズムを創造します

竹田会長の記者会見は本当に「潔白主張」なのか

JOC=日本オリンピック委員会の竹田恒和会長が1月15日に会見。指摘されている贈収賄疑惑について「潔白主張」と各社は報じている。しかし会見内容を読めば、「関与していない」という自身の関わりの否定でしかなく、「潔白」と言えるような内容ではない。
竹田恒和元東京五輪招致委員会理事長(IOCのHPより)
竹田恒和元東京五輪招致委員会理事長(IOCのHPより)
以下、竹田会長の会見を検証してみたい。先ずは冒頭の言葉だ。
「竹田恒和でございます。皆様には日ごろから我が国のスポーツの振興、特にオリンピックムーブメントに多大なご理解とご協力を賜っていることを厚く御礼申し上げたいとと思います。また、この度は東京オリンピックパラリンピック競技大会に向けて、ご支援頂いている国民の皆様、スポーツ関係者の皆様、大会準備に携わっておられる組織委員会の皆様に大変ご心配をおかけしており申し訳なく思っております。本日は、2014年までにすでに解散してしまった東京2020オリンピックパラリンピック招致委員会元理事長として会見させて頂きます。改めましてお忙しい中お集まり頂きましてありがとうございます」
興味深いのは「既に解散した招致委員会元理事長として」の会見だと釘を刺している点だろう。JOC会長としての会見ではないということだ。
「本件は招致委員会とシンガポールのコンサルティング会社ブラックタイディング社との間で取り交わされた二つのコンサルタント業務に関するものであります。これが二つのコンサルタント契約は通常の承認手続きに従い締結されたものであります」
贈賄が疑われるブラックタイディング社とのコンサルタント契約は通常の承認手続きだったという。ここが、「潔白主張」の根拠になる。
「”’二つの契約に関する稟議書は通常の承認手続きを経て最後に回覧され私が押印いたしました。私の前にはすでに数名が押印しておりまして”’、これらの契約内容はロビー活動及び関連する情報を収集するコンサルティング業務の委託になります」。
そして、ここが「潔白主張」の続きだ。「回覧され私が押印」したもので、「私の前にはすでに数名が押印」していた。つまり、責任は竹田会長には無いと言っているわけだ。
Return Top