ニュースのタネ

調査報道を主体にして新しいジャーナリズムを創造します

入管法改正関連企業から茂木大臣の政治団体に多額の献金

外国人労働者の受け入れ拡大に向けた入管法改正の審議が大詰めを迎えている。この改正法案に大きく関わる外国人技能実習生の受け入れを行っているグループ企業から安倍内閣の重要閣僚が代表を務める政治団体が7年間で総額350万円が献金されていたことが分かった。(鈴木祐太)

茂木大臣が代表を務める自由民主党栃木県第5選挙区支部
茂木大臣が代表を務める自由民主党栃木県第5選挙区支部(撮影:鈴木祐太)

献金を受けていたのは、茂木敏充経済再生担当大臣が代表を務める政治団体「自由民主党栃木県第5選挙区支部」。

NPOメディア「ニュースのタネ」がこの団体の政治資金収支報告書を調べたところ、株式会社エマール、株式会社海新、関東エンジニアリング協同組合の3社から2011年から2017年までの7年間に合計350万円の企業献金を受けていたことが分かった。2018年に関しては、政治資金収支報告書がまだ公表されていないため確認ができなかった。

自由民主党栃木県第5選挙区支部の政治資金収支報告書表紙
自由民主党栃木県第5選挙区支部の政治資金収支報告書表紙

 

3社は、いずれも栃木県小山市にあるエマールグループの傘下企業で、代表も同一人物だ。

このグループは、労働者派遣や外国人実習生制度の展開を主な事業としており、このうち関東エンジニアリング協同組合が外国人実習生の受け入れ事業を展開している。また、株式会社エマールは、労働者派遣を行っておりおよそ200名派遣しているが、取材に対して、「95%が外国人だ」と話している。

エマールグループからの政治献金一覧
エマールグループから自民党栃木県第5選挙区支部政治献金一覧(ニュースのタネが作成)

「自由民主党栃木県第5選挙区支部」が受けていた献金は、上の図の通り。2014年以外は1社あたり1年間12万円で3社合計36万円を毎年受けている。2014年は、111万円となっている。この献金が行われた2日後に衆議院選挙の投開票日だった。

関東エンジニアリング協同組合のHP
関東エンジニアリング協同組合のHP

 

現在、国会で審議されている入管法改正案は、外国人労働者の受け入れ拡大を目指したもの。与党は12月10日までの会期中に法案を通す構えだが、野党の多くは審議が不十分だとして批判を強めている。

 

株式会社エマール本社
株式会社エマール本社(撮影:鈴木祐太)

 

株式会社エマールは献金については、「政治献金は代表の管轄であり、代表が留守のため答えられない」とした。外国人実習生に関しては関東エンジニアリング協同組が行っていると話している。

 

茂木大臣の事務所に取材をしたところ「ファクスで質問を出して欲しい」とされ、12月5日にファクスを送ったが、12月7日正午の期限までに回答を得られなかった。このため、事務所に再度電話を入れたが、「担当者が不在で対応できない」ということだった。

※この取材は編集長の立岩陽一郎の指揮の下、スタッフの鈴木祐太が取材した。取材に際しては、公益財団法人「政治資金センター」のデータベースを利用した。

Return Top