ニュースのタネ

調査報道を主体にして新しいジャーナリズムを創造します

次々に内幕が暴露される米トランプ大統領はどうなるのか

次々に内幕が暴露される米トランプ大統領はどうなるのか

「伝説的」とも形容される新聞記者、ボブ・ウッドワードがトランプ政権の内幕を描いた「Fear」が話題だ。大統領は小学5、6年の理解力しかないと発言した高官の姿などがリアルに描かれている。はたして、この本はトランプ政権の今後にどのような影響を与えるのか。

ボブ・ウッドワード記者について説明するのは、そう簡単ではない。40年以上前の新人記者時代に当時のニクソン大統領を失脚させるウォーターゲート事件で活躍した話は今も米ジャーナリズムで語り継がれている。映画「大統領の陰謀」で有名なこの話は、俳優ロバート・レッドフォードから、「自分たちの仕事を、1人称で、つまり自分たちを主人公に描いたらどうか?」と持ち掛けられたのが原作「All The President’s Men」になったとされる。

映画は大成功をおさめるが、あの映画に登場しない実際に頑張った記者やデスクからは強い反発を招き、その後、 ワシントン・ポスト紙はゴタゴタが続いたという。

一方で、この映画はその後の米国のジャーナリズムの規範となる調査報道を描いたとして評価され、今も大学のジャーナリズム・スクールで教科書的に使われている。そこで出てくる「ディープスロート」は、当時流行したポルノ映画のタイトルからつけられたものだが、今では、「信頼できる匿名情報源」の代名詞となっている。

ウッドワード記者はその後、ワシントン・ポスト紙で編集幹部になるが、私がワシントンにいた2010年には現場の記者に戻っていた。その時、ジョージ・ワシントン大学で行われた講演で、彼が語った言葉が記憶に残っている。

Return Top