ニュースのタネ

調査報道NPO「ニュースのタネ」

安倍総理が解散会見で述べた「内需主導の力強い経済成長が実現しています」は本当なのか?

安倍総理が解散会見で述べた「内需主導の力強い経済成長が実現しています」は本当なのか?

安倍総理が解散会見で述べた「内需主導の力強い経済成長が実現をしています」のファクトチェックについて、ニュースのタネは当初、「事実と認めるには不確かな内容がある」と判定したが、専門家への継続取材の結果、「事実」と認めることに修正した。これはエンマ大王度のゼロにあたる。(鈴木祐太/艸場よしみ/立岩陽一郎)

ニュースのタネは総選挙ファクトチェックを行っており、これまで安倍総理の解散会見日本維新の会の第一声希望の党の公約発表時の会見などをファクトチェックしてきた。5回目となる今回も9月25日に行われた安倍総理の解散会見の内容についてファクトチェックを行った。

この会見で安倍総理は、次の様に話してアベノミクスの成果を強調した。

「今、日本経済は11年ぶりとなる、6四半期連続のプラス成長。内需主導の力強い経済成長が実現しています」

この発言のうち、「内需主導の力強い経済成長が実現しています」に注目した。

先ず、内需とはどうやって計算するのか?これは国民総生産から輸出総額を差し引いたものだ。その推移を示したのが以下のグラフだ。国民総生産が概ね500兆円で推移しているのに比して、輸出総額は70兆円程度にとどまっている。つまり、安倍総理の発言にある「内需主導」というのはこの点を指している。

国内総生産(GDP)、輸出額、民間消費支出の比較

国内総生産(GDP)、輸出額、民間消費支出の比較

次に、「力強い経済成長が実現をしています」という点を見てみた。すると、国民総生産も10年のスパンで見ると上向いていることがわかる。また、民間部門の消費の数値を見ても、緩やかにだが上向いている。公表されている指標の多くが上向きを示しており、安倍総理の発言を事実と認めることができる。

従って、ファクトチェックとしては、「事実」と認めて良いというのが結論だ。

ただし、1つ、留意点をつけなければならない。この安倍総理の発言は、アベノミクスの成果を強調したもので、消費税の予定通りの増税の実施を決定する根拠の1つとなっている。そして安倍総理はこの消費税増税による税収の使途を少子高齢化などの対処に振り向けるとして、その信を国民に問うことが今回の解散総選挙の意味だと主張している。

総選挙ファクトチェック記事一覧

ここで気になるのは、家計の消費動向だ。その状況を無視して、「内需主導の力強い経済成長しています」をうのみにすることはできない。また、消費税の増税が直撃するのは家庭の消費であることも間違いない。

ニュースのタネは、政府のまとめた消費支出指数に注目した。これは家計の消費動向を調査して指数化したもので、2015年を100とした時の消費の動向を示している。それをグラフ化したのが以下だ。

家庭消費支出指数

家庭消費支出指数(総務省統計局の資料から作成)

すると、「力強い経済成長」とは別の姿が見えてくる。家計の消費指数は減少傾向を示しているのだ。第二次安倍政権が誕生した翌年の2013年は上昇しているが、2014年以降は下降線をたどっている。そして最も新しい2016年の数値は97となっている。つまり、国内総生産は上昇傾向にあるものの、家計の支出は減少傾向にあることがわかる。

安倍総理の発言を支えているのは、企業の活動が活発になったことで国民総生産が増えたことにあるが、その影響は家庭には及んでないどころか、実際には家庭の消費は減少傾向を示しているということだ。

当初、ニュースのタネは、この点を重視して「事実と認めるには不確かな内容がある」と判定していた。しかし、その後の取材で、専門家から意見を聴くなどした結果、総体として安倍総理の発言自体は事実と認めることが妥当との意見が多く聞かれた。

このため、ニュースのタネは当初の判断を修正して、「内需主導の力強い経済成長をしています」は家庭の消費が減少傾向をしめしているという留意点をつけた上で事実だと評価することにした。

ニュースのタネはファクトチェックの判定を以下のエンマ大王の度数で示している。

エンマ大王度 ゼロ 事実

エンマ大王度 1 事実と認めるには不確かな内容がある

エンマ大王度 2 発言に根拠は有るものの、その内容は必ずしも事実とは言えない

エンマ大王度 3 事実ではない

エンマ大王度 4 真っ赤な嘘

 

総選挙ファクトチェック記事一覧

Return Top