ニュースのタネ

調査報道を主体にして新しいジャーナリズムを創造します

トランプ大統領が身内の共和党保守派を批判 党内で冷めた見方出始める~トランプの米国とどう向き合うか? (57)

トランプ大統領が身内の共和党保守派を批判 党内で冷めた見方出始める~トランプの米国とどう向き合うか? (57)

最大の政策目標だった医療保険制度の見直し案が頓挫したトランプ大統領は、その原因として与党・共和党の保守派を批判し始めた。上下両院で多数派を握る共和党をまとめて政策実現を目指すとしていたトランプ政権だが、党内では早くも冷めた見方が広がっているという。

オバマ政権下で誕生した医療保険制度、通称「オバマケア」の廃止と新たな制度を目指した共和党案が撤回に追い込まれたのが24日。その2日後、トランプ大統領は、ツイートで共和党内の保守派のグループへの批判を始めた。

当初は法案作成にあたったライアン下院議長をねぎらうなどしており、批判めいたことは一切口にしていなかったが、その豹変ぶりが共和党関係者を驚かせている。

(参考記事:トランプ大統領が連邦最高裁判事を指名で、更に米国の分裂が深まるとの懸念もトランプの米国とどう向き合うか? (54))

ワシントンポスト紙はこの攻撃を27日、「大統領が批判合戦に舵を切った」と報じ、この批判がもともと分裂傾向にあった共和党を更に分裂させる新たな動きになるとしている。

トランプ大統領は次の政策ターゲットとして、大型減税の導入を掲げている。減税は小さな政府を志向する共和党では支持を得られると考えられているが、大企業に対する減税と中流家庭に対する減税が柱となっているため、その細部の議論については党内でも意見が分かれることが予想されている。

ワシントンポスト紙は、「共和党の指導者らは、トランプ大統領の経歴ややり方に違和感を覚えつつも、トランプ政権は長年の懸案だった政策を実現するために党をまとめるチャンスだと思っていた。しかし、今、彼らはトランプ政権では何もできないことを悟った」と書いており、今後、トランプ大統領が共和党の全面的な支援を得られるかは微妙だとしている。

(参考記事:  トランプ政権を痛烈に批判する米お笑い番組の気骨


Return Top