ニュースのタネ

調査報道を主体にして新しいジャーナリズムを創造します

トランプ大統領に新たに中国疑惑が浮上か~トランプの米国とどう向き合うか? (49)

ロシア政府との不透明な関わりが取り沙汰されるトランプ大統領の周辺。ところが、トランプ大統領自身の不動産取引に新たに中国との不透明な取引が浮上。調査報道を専門とする米国のNPOメディア「マザー・ジョーンズ」が報じた。

ドナルド・トランプ大統領(www.donaldjtrump.comより)
ドナルド・トランプ大統領(www.donaldjtrump.comより)

記事によると、今年2月21日、中国系米国人の女性実業家がニューヨークの トランプ・パーク・アベニューの1室4LDKを購入。現金で2180万ドルを売主のトランプ大統領の企業グループに支払っている。

購入したのは、アンジェラ・チェン氏。米国企業に中国でビジネスを行う際の支援などを行う会社の代表を務めている。記事によると、チェン氏が購入した部屋はトランプ大統領の企業グループが出している売り出し物件のリストには記載されていなかった。

(参考記事: 米トランプ政権、北朝鮮との事実上の「協議」入りをドタキャン(36))

更に取材を進めると、”’チェン氏が中国芸術基金会の米国の責任者を務めていることもわかった。この団体は、表向きは中国と米国との文化芸術交流を目的としているものの、中国人民解放軍の対外工作機関とつながりが指摘”’されているという。

Return Top