ニュースのタネ

調査報道NPO「ニュースのタネ」

ささやかれ始めた「ロシアの狙いはトランプ大統領のゴルバチョフ化」~トランプの米国とどう向き合うか? (45)

内部告発サイト「ウィキリークス」が米情報機関CIAの機密情報とされるものを公表したことについて、米国メディアは信ぴょう性が高いと判断している。その上で、背後でロシア政府が暗躍しているとの見方を示すメディアが多い。ロシア政府をめぐっては、異常な頻度でのトランプ政権幹部への接触が明らかになっており、米国では米新政権に対して攻勢に出ているとの見方が広まっている。こうした中、首都ワシントンでロシア政府の思惑がささやかれ始めている。それは、「トランプ大統領のゴルバチョフ化」だという。
ドナルド・トランプ大統領(www.donaldjtrump.comより)

ドナルド・トランプ大統領(www.donaldjtrump.comより)

●ウィキリークスのCIA情報暴露
ウィキリークスが公開したのは、CIAが米アップルや米グーグルのスマートフォンや韓国・サムスン製のスマートテレビなどを通じて、その場の会話やメールをハッキングしているとの内容。CIAはその真偽についてコメントしていないが、米国のメディアは信ぴょう性は高いとして連日、その影響などを報じている。
ウィキリークスは、入手したドキュメントは8761点にのぼり、それらは米政府の元職員か元契約職員から得たとしている。しかし、米メディアの多くは背後にロシア政府の関与が有るとの見方を示しており、8日のワシントン・ポスト紙は、「ロシア政府とウィキリークスとの結びつきから見て、ロシア政府が情報源であっても驚かない」と指摘している。

Return Top