ニュースのタネ

調査報道を主体にして新しいジャーナリズムを創造します

トランプの米国とどう向き合うか? (21)~トランプ米大統領、最高裁判事の承認で狙うのは「絶対的安定多数」

注目の最高裁判事の指名を終えたトランプ大統領。次の焦点は、上院での承認だが、民主党が難色を示す中、大統領は共和党の議員に、「承認を得るためなら何でもやれ」と指示。そこにはその先を見据えた大きな狙いが有る。

会場でトランプの旗を振る若者
トランプの旗を振る若者

●異例の判事指名会見

日本の高等裁判所にあたる控訴審裁判所のニール・ゴーサッチ判事を連邦最高裁判事に指名したトランプ大統領。指名はテレビのゴールデンタイムに記者会見で明らかにされ、本人も登場してのお披露目となった。首都ワシントンで長年司法担当をしてきた記者によると、過去の最高裁判事の指名の場で判事本人が登場した例は無いという。

ゴーサッチ判事は上院で任命されれば去年2月に死亡したアントニン・スカリア判事の後任となる。最高裁判事は9人で構成される。現在の8人の判事は、保守的な判断を示す4人とリベラルな判断を示す4人に分かれているとされる。

ゴーサッチ判事はキリスト教の教えに厳格な保守的な判事として知られる。このため民主党からは指名の直後から反発が出ており、審議引き延ばしや審議拒否といった戦術が議論されている。

●核?何でも使え

これに対して、トランプ大統領は、「これだけの経歴をもった判事を任命しないことは恥だ」と述べ、共和党の有力議員に対して、承認を得るために「規則破りでもなんでもやれ」と指示したとワシントン・ポスト紙は伝えている。この時、使われた言葉は、「Go nuclear」だったという。直訳すると「核保有国になれ」ということだが、こういう時には、「制限なくやれ」という意味になる。最高裁判事の承認については、上院議員の60人の支持が必要とされる現状の規則を、過半数越えの51に下げることを意味する。

Return Top