ニュースのタネ

調査報道を主体にして新しいジャーナリズムを創造します

トランプの米国とどう向き合うか? (17)~来日する米国防長官にトランプ政権の「重し」との期待

トランプ大統領が「効果的だ」として復活させる意向を示してきた捕虜への水攻め拷問だが、大統領は、ジェームズ・マティス国防長官の意向を受けて断念した。マティス長官はトランプ大統領の発言を否定する考えをいくつか示しており、米国では新国防長官が政権の「重し」になるのではとの期待が高まっている。マティス長官はトランプ政権で最初の閣僚として日本を訪問する。

ドナルド・トランプ大統領(ホワイトハウスHPより)
トランプ大統領(ホワイトハウスHPより)

狂犬マティス将軍

捕虜に対する水攻め拷問についてはオバマ政権時代に発覚し、国際的な批判を受けて禁止されている。これについてトランプ大統領は「効果的だ」として復活させる意思を示していたが、その際に、マティス国防長官の判断に委ねると話していた。

マティス長官は元海兵隊の将軍。2013年、中央軍司令官のポストを最後に退役した。中央軍はアフリカのエジプトから中央アジアのカザフスタンまでの広い範囲を管轄し、米国の中東政策に事実上関与する重要ポストだ。マティス将軍は、オバマ政権がイランとの対話を開始したことに反対したために更迭されたとの指摘もある。

Return Top