ニュースのタネ

調査報道NPO「ニュースのタネ」

サムスン電子の工場でなぜ白血病は多発したのか?(3)  立岩陽一郎

◇発がん性が認定された物質が使われていた

韓国のサムスン電子の半導体工場で働く従業員に白血病などの健康被害を訴えるケースがあいつでいる事件を追ったシリーズ。問題が顕在化するきっかけは若い女性産業医らの頑張りだった。彼女達は、「何かがおかしい」と巨大企業に闘いを挑んだ。


サムスン電子本社の前には、黙って抗議の意思を示している女性もいた。隣で声を上げている前述のチョン・エジョンとは対照的だ。やはり敗訴した原告の一人で、名前をキム・ウンギョンという。
彼女は1991年から96年まで、主にサムスン電子のオンヤン工場で働いた。真面目な勤務ぶりが認められ、やがて現場の責任者も務めた。
ところが2005年、白血病を発症してしまう。今は抗がん剤治療を受けながら、教会でボランティア活動をしている。やはりサムスン電子で出会った夫は、同社を辞めて別の会社で働いている。

研究論文に載ったファン・ユミさんとファン・サンギさん親子の写真
2005年に白血病を発症したキム・ウンギョンさん


キム・ウンギョンは半導体工場で、ウェハーに載せる半導体のチップを作る仕事をしていた。
「チップの周辺に、虫の足みたいに細いものが何本か出ているでしょ。あれを折り曲げる仕事でした」
折り曲げた後に、必ず行う作業があった。洗浄である。目の前に置かれた容器に液体が入っており、それをティッシュペーパーにつけて、チップを何度も拭く。
「液体はすぐになくなります。だから、液体がたくさん入った大きなタンクのところに何度も補充に行かなければなりませんでした。水のように大量に使っていましたね」
キムは、その液体が何であるかを教えられていなかった。しかし、容器に「TC」と書かれていたのを覚えていた。
TC—トリクロロエチレンだ。WHOの付属機関で、化学物質の発がん性を認定している国際がん研究機関(IARC)が、「人に対する発がん性が認められる」(グループ1)と規定している物質だ。
そして、キムが発症した白血病は、血液のがんである。彼女はこう振り返る。
「使っていた液体がそういう化学物質だなんて、私はまったく知りませんでした。サムスン電子では、作業の後に研修のようなものがありましたが、化学物質については何も説明がありませんでした。私は主任まで務めて、新しく入ってきた従業員に作業を教えていましたが、私でさえ知らないことを、その若い子たちが知るはずもありません。彼女たちの健康が本当に心配です」
ソウル高等法院は判決で、彼女の使っていた液体がトリクロロエチレンであると認定はした。しかし、次に不可思議な判断を下す。
「トリクロロエチレンには発がん性が確認されていない」
としたのだ。なぜ、こんな事実と異なる判断となったのか。
調べてみると、どうやら時間の前後関係によるらしいということがわかってきた。IARCがトリクロロエチレンを「人に対しておそらく発がん性がある」(グループ2A)と認定したのは2012年である(その後、今年になってグループ1に”昇格”した)。一審が始まった09年時点では、まだ発がん性が強く認識されていなかった(とはいえ、2000年代初頭から、各種の調査でトリクロロエチレンの発がん性は指摘されていた)。二審であるソウル高等法院は、一審で出された資料から判断した可能性が高い。
二審の判決が出た後、キム・ウンギョンは、トリクロロエチレンが発がん性の認められた化学物質であることを確認して、上告した。

「何かがおかしい」と感じた女性産業医

日本からこの問題をフォローする上で最大の情報源となってくれたのは、医師のコン・ジョンオクだった。正義感の強い女性で、産業医として原告のさまざまな相談に乗っていた。
日本の研究者から紹介を受け、私は彼女と英文の電子メールでやり取りを続けた。送られてくる英文を読むたびに、相当な秀才だと思っていたが、ソウル市で会った彼女は気さくな感じで、笑顔が印象的な女性だった。彼女はこう語った。
「20代、30代の若い人たちに白血病の発症が続けば、普通、どの産業医だって、『何かがおかしい』と思うはずです。そう思わない方が不自然なんです」

研究論文に載ったファン・ユミさんとファン・サンギさん親子の写真
白血病多発問題の解明を進めてきたコン・ジョンオク医師


ファン・ユミが死亡した2007年、ソウル大学医学部に在籍していたコン・ジョンオクは、「サムスン電子で働く女性たちの間で白血病の発症が続いている」という情報を耳にして、調査に乗り出した。一方、ファン・ユミの死は、大手メディアにこそ取り上げられなかったものの、その事実と遺族の思いはインターネットを通じて拡散した。そして韓国社会に少なからず衝撃を与えた。
国民から驚きの声が上がる中、父親から労災の申請があり、またコンらの熱心な働きかけもあって、韓国政府が調査に乗り出した。勤労福祉公団傘下の産業安全保健研究院が、ファン・ユミのケースを含めたサムスン電子従業員の白血病の発症について、疫学調査を行ったのだ。ところがその結果は、
「韓国の一般環境における白血病の発症率と比べて、サムスン電子での白血病の発症率は特に高くなく、白血病と職場環境との間に因果関係は認められない」
という趣旨のものだった。コンはこう振り返る。
「(調査結果が発表された)記者会見はひどいものでした。でも、マスコミは『疫学調査の結果、(ファン・ユミの死は)労災ではありませんでした』と聞かされて、納得してしまったんです。私たちは『それでは何も解明されていません』と主張しましたが、まったく取り上げてもらえませんでした。
その結果、ファン・ユミさんの白血病は、サムスン電子の工場の環境とは関係ないということにされてしまったのです」
コンは情報公開請求制度を利用して、疫学調査の元データの開示を求めた。しかし、その内容は開示されなかった。彼女はまた、サムスン電子に対しても、工場で利用している化学物質について情報を開示するよう求めている。しかしサムスン電子は、供給先との契約で開示できないとして拒否している。
亡くなったファン・ユミが勤務していたキフン工場については、使用している化学物質に関するデータが裁判記録にある。韓国政府が調査した結果を裁判所に提出したものだ。それによると、工場内で確認された化学物質は99種類あり、そのうち10種類については「納入業者の営業秘密となっている」ため成分を確認できなかった、とされていた。
しかしコン・ジョンオクは、「その調査結果は信用できません」と語る。
「ソウル大学医学部のある教授が、比較的規模の小さい半導体工場で、どのくらいの量の化学物質が使われているかを調べた数字があるんです。その結果は、424種類の物質というものでした。サムスン電子のキフン工場は、世界有数の規模を誇る同社の基幹工場です。小規模の工場でも400種類以上の化学物質を使っているのに、巨大なキフン工場が99種類しか使っていないとは思えません」(続く)
(この原稿は、「現代ビジネス」に掲載された記事を著者の承諾を得て転載したものです)

<<執筆者プロフィール>>

立岩陽一郎

 
NHK国際放送局記者
社会部などで調査報道に従事。2010年~2011年、米ワシントンDCにあるアメリカン大学に滞在し米国の調査報道について調査。

『NPO法人 アイ・アジア』に、いいね!やシェアだけで支援金を届けられます。~ NPO/NGOを誰でも簡単に無料で支援できる!gooddo(グッドゥ) ~
サムスン電子の工場でなぜ白血病は多発したのか?(1)   立岩陽一郎
サムスン電子の工場でなぜ白血病は多発したのか?(2)   立岩陽一郎
サムスン電子の工場でなぜ白血病は多発したのか?(4)   立岩陽一郎
サムスン電子の工場でなぜ白血病は多発したのか?(5)   立岩陽一郎
サムスン電子の工場でなぜ白血病は多発したのか?(6)   立岩陽一郎
データ・ジャーナリズム  政治資金で見る大阪維新の会の実力
野々村元議員の政務活動費の全容(3)
 多少まともだった?初年度

野々村元議員の政務活動費全容 (2)
 12年度から使い道徐々に大胆に 多額の切手購入、「日帰り出張」始まる

野々村元議員の政務調査費報告書の全文を入手 13年度分を全公開 使途不明な報告書続々
「号泣」野々村元県議の政治資金収支報告書を公開
「政治とカネ」関連記事一覧
「ジャーナリズム」関連記事一覧
「原子力・核問題」関連記事一覧
「中国問題」関連記事一覧
iAsia顧問 政治資金オンブズマン共同代表・阪口徳雄弁護士インタビュー



関連記事
iAsia顧問 政治資金オンブズマン共同代表・阪口徳雄弁護士インタビュー
おすすめ記事
橋下政治資金の不可解(1) 8割強がパーティー券あっせん
「みんなの党」の渡辺前代表を刑事告発 憲法学者ら16人が

記事一覧へ

Return Top