ニュースのタネ

調査報道を主体にして新しいジャーナリズムを創造します

  • eyecatch
    [FactCheck] 「3〜5歳児全ての幼児教育、保育を無償化」は本当...
    安倍首相は10月4日、臨時国会の冒頭で所信表明演説を行い、冒頭で「最大の挑戦は、急速に進む少子高齢化です」と述べた後、「今月、3歳から5歳までの全ての子どもたちの幼児教育、保育の無償化が実現しました」と発言した。本当に「...
  • eyecatch
    ルポ朝鮮 訪朝から見えた金正恩政権の狙い②
    今年訪朝した際の体験から、金正恩政権が何を目指しているのかを考えるシリーズ。2回目は、ITに力を入れる姿を内外に示す状況と、朝鮮人民軍に見える変化を見る。この記事は拓殖大学海外事情研究所の季刊誌「海外事情2019 9・1...
  • eyecatch
    ルポ朝鮮の今 訪朝で見えた金正恩政権の狙い① 
    2019年4月27日から5月3日にかけて私、立岩陽一郎は訪朝した。これは拓殖大学海外事情研究所の求めに応じてその時の体験をまとめたもので、「海外事情」の2019年9・10月号に掲載された。今回、同研究所の理解を得てその内...
  • eyecatch
    《週刊》ネット上の情報検証まとめ(Vol.1/2019.10.9)
    インターネット上で話題になった“要注意”情報を、週1回まとめてお届けします。紹介するのは、他のメディアなど第三者が調査・検証したものも含みます。(大船怜=ネット上の情報検証まとめ管理人)
  • eyecatch
    [FactCheck] 「死亡事故を楽しむ日本人」とCNNが報道? 画像...
    新宿駅の人身事故で撮影しようとする利用客がいた問題をめぐりアメリカ・CNNが放送画面をキャプチャしたかのような画像がTwitterで拡散したが…

最新記事

[FactCheck] 「3〜5歳児全ての幼児教育、保育を無償化」は本当か?ー臨時国会所信表明の検証①

[FactCheck] 「3〜5歳児全ての幼児教育、保育を無償化」は本当か?ー臨時国会所信表明の検証①

安倍首相は10月4日、臨時国会の冒頭で所信表明演説を行い、冒頭で「最大の挑戦は、急速に進む少子高齢化です」と述べた後、「今月、3歳から5歳までの全ての子どもたちの幼児教育、保育の無償化が実現しました」と発言した。本当に「3歳から5歳までの全ての子どもたち」が無償化の対象になっているのか、事実関係を調べた。(楊井人文)
ルポ朝鮮 訪朝から見えた金正恩政権の狙い②

ルポ朝鮮 訪朝から見えた金正恩政権の狙い②

今年訪朝した際の体験から、金正恩政権が何を目指しているのかを考えるシリーズ。2回目は、ITに力を入れる姿を内外に示す状況と、朝鮮人民軍に見える変化を見る。この記事は拓殖大学海外事情研究所の季刊誌「海外事情2019 9・10」に寄稿したものに一部加筆、修正して掲載している。掲載については同研究所の許可を得ている。(立岩陽...
ルポ朝鮮の今 訪朝で見えた金正恩政権の狙い① 

ルポ朝鮮の今 訪朝で見えた金正恩政権の狙い① 

2019年4月27日から5月3日にかけて私、立岩陽一郎は訪朝した。これは拓殖大学海外事情研究所の求めに応じてその時の体験をまとめたもので、「海外事情」の2019年9・10月号に掲載された。今回、同研究所の理解を得てその内容をここに掲載させて頂く。(立岩陽一郎)   平壌の夜の会話 「日本人にはウリナラで今起きている変化...
人々に信頼されるファクトチェックメディアを目指して

人々に信頼されるファクトチェックメディアを目指して

ニュースのタネは、調査報道とファクトチェックを柱とする新メディアへのリニューアルを準備しています。このたび、楊井人文がファクトチェック部門編集長に着任しました。日本報道検証機構/誤報検証サイトGoHooを運営し、FIJでファクトチェック普及に取り組んできた経験を生かし、人々に信頼されるファクトチェックメディアを創造した...
サムスン電子で起きたこと(後編)  調査報道シリーズ /化学物質の脅威④

サムスン電子で起きたこと(後編)  調査報道シリーズ /化学物質の脅威④

韓国政府の調査責任者を直撃 韓国での白血病の発症率は、10万人あたり1人~2人となっている。サムスン電子の工場で従業員が白血病になったケースを疫学調査したところ、この数値を上回らなかったとされた。しかし前述の通り、調査結果の根拠となった具体的な内容は明らかになっていない。 では実際に、どのような調査が行われたのか。私は...
サムスン電子で起きたこと(前編)  調査報道シリーズ/ 化学物質の脅威③

サムスン電子で起きたこと(前編)  調査報道シリーズ/ 化学物質の脅威③

~サムスン電子の工場で白血病はなぜ多発したのか 【前編】~ 日本での化学物質被害を取材した私は、当然、それはアジアの各国でも起きているだろうと見て取材を進めた。それは間違っていなかったが、よもや韓国を代表する巨大企業で起きているとは知らなかった。2013年、声をあげている被害者がいることを知り、ソウルへ飛んだ。(立岩陽...
印刷業界で多発した胆管癌(後編)  調査報道シリーズ/化学物質の脅威②

印刷業界で多発した胆管癌(後編)  調査報道シリーズ/化学物質の脅威②

~便利な社会の裏側で労働者の健康が蝕まれている~ 大阪市の印刷会社の従業員や元従業員の間に、極端に高い率で胆管がんの患者が見つかったことがあった。それは2011年。なんだろう?何もわからない状況で取材を重ねた結果、それが化学物質による健康被害だということに気づく。その取材結果を当時を、当時、講談社の「現代ビジネス」に連...
印刷業界で多発した胆管癌(前編)  調査報道シリーズ/化学物質の脅威①

印刷業界で多発した胆管癌(前編)  調査報道シリーズ/化学物質の脅威①

~便利な社会の裏側で労働者の健康が蝕まれている実態~  大阪市の印刷会社の従業員や元従業員の間に、極端に高い率で胆管がんの患者が見つかったことがあった。それは2011年。なんだろう?何もわからない状況で取材を重ねた結果、それが工場で従業員が使っていた化学物質が原因であることを突き止めた。当初は対応に消極的だった政府も重...
Return Top